ブログを書くことの意味

ブログを書くことの意味 nunuログ
the meaning of subscribing blog
この記事は約3分で読めます。

 

そもそもブログを書く意味って、何だろう( ー`дー´)…?

 

自分の性格なのか、それとも「誰しも」がそうなのか、
なんでもかんでも、こういう元も子もないような謎の質問を自分に投げかけて、
自分の中であーだこーだー、腑に落ちる答えが出るまで考えるのが好きなようで。

この広〜〜〜〜い世界の、たったの一輪ながらも、
これからきっと、たくさんのブログを書かせていただく身として、
この問いの答えをきちんと見つけて、気持ちよく書き続けたいな(^^)

そんな気持ちと、わたしと同じように、記事やブログを書く方、
そしてブログを読む方にも、少しでも「何かのきっかけ」になれますように。

この問いの答えに、もちろん「正しい」答えなんてないのだけど、
自分が思う「ブログを書くことの意味」は、

目に見えない「想い」や「きもち」

を自分以外の誰かに届けることができること。

自分は「きもち」は実は何よりも価値があると思っていて。

 

でも・・・「目に見えない」ばっかりに、

どんなにその「きもち」が美しくても、誰より強くても、

それが誰にも伝わらなくて・・・

ほんとに、ほんとに、もったいないと感じてるんです。。

 

もっと時代が進化して、近い未来に「想い」が、そのまま形になる日がくるかもしれないけど、

でも今はまだ、「きもち」や「想い」は、

絵・文字・行動などの「形」で表現する以外、誰にも伝わらない。

 

絵が下手。文章を書くのが苦手。行動するのが苦手。

 

「形にするのが苦手」な事と「想いが弱い」事は、

まったくの別物・まったく別の才能と思っていて、

 

想いは誰より強かったり美しいのに、表現するのが下手な人

 

を見ると、本当に歯がゆく、切ない気持ちになります。。

 

この世の中はまだまだ、発信した人、形にした人、行動した人、

なんだかんだ「成果主義」の世の中だから。

 

自分も決して得意なタイプではないけれど、

出逢った人や、大切な人、から得た知識や経験、その中で生まれた、

自分を含めた誰かのきもちや想いを少しでも「形」に残していきたい。

 

これが自分が、ブログを書くことの意味の答え。

 

いつか、人々の「想い」がテレパシーみたいに、勝手に伝わる未来がくるその日まで、

この「アナログ」な方法で、

ひとつひとつ「想い」、伝えてまいります(*^^*)

 

もちろん「想い」や「きもち」だけではなくて、知識や経験も「形」にすることで、
それを必要としている誰かに届けられたり、自分自身の記憶や軌跡にもなる。

 

気張らず、自分らしく、ブログ、書きましょ(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました