やりたいに理由なんていらない。その感覚を信じよう。

ココロ
この記事は約2分で読めます。

前回に続き、ココロの話。

「やりたい事はなんだろう」「理想の姿はなんだろう」とかいうことに、1年以上も費やしてしまった結果、発見した事が3つ。

1.
「やりたい」にカッコいい理由なんていらない。
「感覚」でやりたいな~と思ったものほど、正しいものはない。


2.
その「やりたいかもしれない感覚」は、1日後も、1年経とうが、10年経過しようが、やるまでずっとココロのどこかで気になったまま。
結局、やってみないとわからない。ならサッサとやってみた方がいい。やってちがうなら、それでいい。


3.
「本気でわからない」時は、やっぱり子どもの頃に好きだった体験にヒントがあったり、思考が似てる方の親と自分の共通点に、自分の原点がある。それがたとえ「ゲーム」とかだとしても、それでいい。そこからどう今の自分とSyncできるか考えたらいい。


言葉にまとめちゃうと、なんと普遍的なかんじだけど・・・

これまでやりたいことがあると即決してきた自分は、今回初めて1年以上も悩んでみる体験をしてみたんです。

だけど、1日で決めても、1年すこぶる考えて決めても、
1日目と1年後の気持ちは、同じだったorz


だから、今悩んでる人がいたら、貴重なその人生の時間を
「悩む事」じゃなくて、「自分の感覚」を強く信じて行動することに費やしてほしい。

Just Feel It !



タイトルとURLをコピーしました