【引き寄せの法則】偶然は偶然なんかではない。自分の思考が引き寄せてます。

引き寄せの法則
Designed by Freepik
この記事は約6分で読めます。

「欲しいと思う」から「手に入る」の法則

日々の生活で、思ってたことがふと叶ったり…欲しいと思ってたものが手に入ったり、
そんな偶然、1度くらいはありませんか?

それ、まじで、偶然じゃないんです。

自分の「ほしい」という思考がエネルギーとなって、叶ってるとしたら…?


日々のほんの些細な買い物でも「ほしい」→「手に入る」と、絶対にこの流れになってるんです。

たとえば「喉乾いたな。飲み物ほしいな~」→「飲み物を買って手に入る」。

ホラね?

って、いやいやいや、そりゃーーーあそうでしょうよwww

って思いますよね?

だけど、「ほしい」と思ったから「手に入った」んですよね

あなたに起こる幸運は「偶然」か?

これは自分自身の行動を伴って何かが手に入る中でも特に単純な例ですが、
宇宙が勝手に運んできてくれる事もあります。

これは無自覚で起こるので「偶然」とか「たまたま」とか、わたしたちが呼んでるやつです。


敢えてもう一度いいます。

それが「偶然」じゃないとしたら?


そう、偶然じゃないんですよ。


信じられますか?


ん?信じられない?

え、なんで信じられないの!?Σ


私たちは「目で見えるもの」や「こうだと (親や社会に) 教えられたもの」を無条件に信じて、疑うことをしません。


理論派の人は、逆にこう考えたらどうでしょう。


「偶然である」と、どうして言えるのですか?証拠は? (・へ・)

「偶然じゃない」事と同じくらい、「偶然である」事も証明できないレベルのものを、私たちは無条件に「偶然だ」と決めつけてるんです。

じゃあ「偶然」なのか「必然」なのかを証明してくれよ

って思いますよね。それを初めて!!!証明したのが、この本です。

アメリカでは大ベストセラーになっています。日本でも30版以上、重判されるほど売れてます。


実はね、わたしも現在進行中でこの本を読みふけってます(^^)

これまでも【引き寄せの法則】は、他の本・DVD・時にはセミナーに足を運んでまで学んできましたが、この本はスピリチュアルな世界と捉えられがちな引き寄せの法則」の「証拠」をきちんと提示する事にはじめて挑戦・成功した本という意味で、とても画期的です。

この本との出逢いも「偶然」と感じるような体験だった

ちなみに、私がこの本と出会ったのもまた、つい「偶然」と感じる「必然」でした。

この本と出逢った日。

わたしは、親友の【誕生日プレゼント】を探してました。

誕生日プレゼント、色々デパートを見てまわりましたが、候補は2~3個出たものの、イマイチピンと来るものがなく、なんとなく、次は本屋さんに向かおうと思いました。

本屋さんに向かう間に、こんな事を考えてました。

「そういえばN子はこないだチャットで

『なんか悶々する。そんな時にちょうど、○子や○美からちょーーーど、この人のブログ面白いよ!って情報が入ってきてさ。まさに今、自分は情報を欲してるかも。』

って言ってたな。

もしかして、「モノ」にピンとこないのは、モノじゃなくて、「気持ち」や「ココロ」をプレゼントしたいのかも?」

じゃあ、この本屋に入って1番最初にビビっと目に入った本が素敵な本でありますように。と願いました。


そして、私が本屋に入ってまず最初に「 偶 然 」手に取ったのは・・・この引き寄せの本でした。


不思議でしょ?

でも、不思議な反面「アタリマエじゃん」って思わなかった?

そう、だって「求めてた」んだから。


そうなんですよ!!!

求めると手に入るのが『引き寄せの法則』です。

本当にシンプルな法則です。

そこには「求めすぎ」とか「やりすぎ」とか、そういうのはないんです。

はい!また力が入りすぎて、取り留めがなくなるので・・・今日はこのくらいにしておきます。

この「本」については、まだ自分も読みかけで触りなので、他の記事でもメッチャ取り扱いたいと思います笑!!


それではまたー!!

タイトルとURLをコピーしました