2019年は大変革の年。8年愛用の魔法の手帳に自分の想いを乗せて。

働き方改革
この記事は約4分で読めます。

わたしには、かれこれ2010年から8年間も使い続けている手帳があります。

はづき虹映さん著のこの手帳。

まわりの仲良い友人には、もう何度もこの手帳の話をシェアしてますが、
ホントに事あるごとに「すごいわぁああああ」と感動体験してます。

何がすごいかというと…はずきさんの数秘術による
翌年1年間の運命の流れや、月ごとの運命の流れが、めちゃくちゃ当たる…!

 

当たるというのは、事前に読んだコラムに「コレ起こってるし!!」と自覚する時と、

コラムを読むのを忘れて後で読んだときに「コレ起こったし!!!」と驚く時。

 

どっちもあるから超ビックリです。。。(汗

 

もうひとつは、悩んでるときに、ふとページを開くと、
今の悩みのヒントが書いてあることが本当に多くて。

 

まじめに魔法の手帳かーーー!!?

 

と思う瞬間が、もうかれこれ8年間も続いてます。

 

そんな大好きな手帳の2019年版が出まして、今年ももちろん買いました!!!

そこに書いてあったのは…。私がここ1~2年、悶々悶々とし続けてきたヒント。

 

書いてあったのは、ざっとこんなこと。
(ほんの一部ですが、特に紹介したい8つの言葉)

 

・時代の流れとして、本当に好きなことでお金をいただく人、そうでない人の二極化が進むこと。

 

・お金の損得勘定ではなく、ワクワク優先でやってみるべしなこと。

 

・選択に迷ったら、「楽しい」ほうを選ぶこと。

 

・誰でもが最初は初心者であること。

 

・うまくいかないことが失敗なのではなく、途中でやめてしまうことが失敗であること。

 

・質よりも量であること。才能ではなく、意思と気持ちの問題であること。

 

・「自由」と「安定」を同時に手にすることはできないこと。

 

・2020年までにこの二極化は進み、それぞれの気流に乗った人が、もう元に戻ることはないこと。

 

少し前までは、自分の気持ちに100%素直に即座に行動する分、かなりハチャメチャな人生を歩んできました。

 

どれも途中で諦めたので、結果的には失敗です。

 

でも、気持ちに正直に行動すると、結果がどうでも後悔はまずない。

 

なぜなら、もうコレ以上悶々する必要がなくなって、次のあたらしい道が見えるから。

 

これまで「失敗した経験の数」が恥ずかしいんじゃない。

 

安定のために「挑戦せずに停滞してること」が恥ずかしいんだ。

 

自分だけじゃなく、大切な人のためにも。

 

「自分らしく」いることを何より大切に、

「今日も自分らしいな」って感じながら日々を過ごすこと。

 

そういう気持ちを大切にしようと、思わせてくれた1冊でした。

 

同じように悩んでる方。
「答え」そのものはないけど、きっとヒントが見つかるはず。


はづき虹映 魔法の手帳 2019

 

あなたが望む、すてきな毎日が訪れますように。

タイトルとURLをコピーしました