【耳が痛い話】サラリーマンの努力は資産にならない

働き方改革
この記事は約3分で読めます。

イケハヤさんが最近Youtubeを始めたらしい。

そんな中、こんなタイトルの動画がアップされた。

!!興味のド真ん中(^o^)!!

これは観るしかないでしょーw

イケハヤさん、本当にイタイ真実を突いてる。

人はなぜ努力するのか?

人それぞれ、理由はたくさんあると思う。

「成長」とか「社会貢献」と。

でも皆、少なからず「未来を楽にするため」っていう理由はあるはず。

「未来を楽にするため」という観点だけで話をすると、

サラリーマンはどんだけ努力しても、
楽にならない。

辞めたら「自分の資産」になるものが残らないからです。

一生分の退職金が大量にもらえるなら、
定年まで働いても「楽」につながるかもしれません。

でもそもそも退職金がない人や数ヶ月分位しかもらえない人。

そういう人達の会社での努力は「自己資産」につながってるか??

悲しい位「全然つながってない」んですよね。。

サラリーマンだってフリーランスだって、「働いてる人」は、少なからず誰だって努力してる。

ただ、

「努力する」行為と「自己資産に繋がっている」
という観点は全く別。

これ、観点は違うけどベストセラー本「金持ち父さん貧乏父さん」で言ってることと同じ。

この本では、雇われ人のことラットレースと呼んでます。

「お金のために走り続けないといけない」から。

お金を自分のために走らせる「投資家」「事業家」にならないと

ラットレースは抜けられない。

こちらも耳が痛い真実が綴られてます。

ちなみに、

努力はどんな働き方をしていても必要。

コツコツ淡々と諦めずにやる以外にない。

確かに投資家でも事業家でも社員でも、これはおんなじですね。

努力してないのは実はサラリーマン

これもめっちゃ禿同してしまったトピックス。

サラリーマンは、働いた対価を翌月に貰える仕組みのため、

働いた対価をすぐに返してもらおうとする無意識の癖がある。

例えば、個人活動でブログを始めたり、事業を始めても、

2〜3ヶ月でリターンを取ろうとする癖がある。

「半年」稼げなくてもアタリマエだろ(^o^)!というレベルなのに。

もし本当にサラリーマン以外の仕事を始めるのなら、

サラリーマン根性は捨てないといけない。

仕事したら、すぐ金がもらえると思う癖をやめろ!!

「未来の種まき」をする事への時間の投資を惜しまないこと。

「事業資産」を作ること。

これが脱社畜したい人には必須のマインド。

「今」が動画始める最後のチャンスかも。

ちなみにイケハヤさんの動画。

どんなスゴイ動画制作始めたんだ!?と思って観てみたけど、

動画自体は「字幕」と「音声」のみ!

でも中身が濃いから普通にめちゃオモシロイ。

もちろん、インフルエンサーだから成り立つんだけど、

動画の「中身が濃ければ」成り立つんだな、と目からウロコでした。

「素晴らしい編集」ができるに越したことはないけど、

それができないからって、

動画をやらない理由にはならない

と思ったのでした。

Youtuberって言葉が定着するほど、動画も既にビジネスとして定着しちゃっている。

だから「スタートダッシュした人」と比べたら雲泥の差があるし、

すでにオワッタ感あるけど。

イケハヤさんも言うように、

WEBディレクター歴10年以上の自分が見ても、

まだギリギリ遅くない」

いう感覚です。

でも今始めないと、もうそれこそオワコン。

まずは何でもいいから、好きなことの動画アップしてみる体験を最優先すべき。

自分はチンチラ動画かな〜。笑

ということで、同時に走っていきます =3

タイトルとURLをコピーしました